iPhone修理を札幌でお探しの方ならスマップル札幌駅店

札幌駅店 011-299-7360

営業時間 10:00~21:00

JR札幌駅より徒歩2分で行けるアイフォン修理店!最速15分修理!!工賃込み(地域最安値)の安心価格!!!ガラス交換からボタン系修理、水没復旧など修理のことならスマップル札幌駅店に何でもお任せください。

iPhoneXの画面に現れた白い線!スマップル札幌駅店なら即日修理!

カテゴリ:修理ブログ

iPhoneX以降、有機ELというディスプレイが採用され、

見え方が綺麗になりました。

色の再現度が高く、特に黒がはっきり見えます。

そんなiPhoneXのディスプレイは衝撃に弱いのかガラスが強いのか…

ガラス自体は割れていないのに液晶に線が入る現象が多発。

本日はそんなiPhoneXの画面交換の修理をご紹介いたします!

 

原因はもちろん強い衝撃(இдஇ)

画面に線が入ったiPhoneXをお持ちになられるお客様に

原因をお伺いすると、ほぼ100%落としたとおっしゃられます。

肌身離さず持つ携帯電話ですから、

絶対に落とさないなんてことは無理な話ですよね(꒪⌓꒪)

今回お持ちいただいたiPhoneもガラスは割れていませんでした。

 

白い線が出現したiPhoneX

こちらが修理前のiPhoneX↓

画面中央から少し左側に白い線が入っています。

白い線の下はタッチがきかないという症状も出ていました。

この線、すごく明るくてまぶしい光を放っているので、

お客様はご来店されるまでかなり不便だったので、

マジックで線の上を黒く塗っていたそうです(꒪ȏ꒪;)

 

さっそく修理開始!

画面を開け、必要パーツを新しい画面に移植し、

元に戻していきます。

こちらが画面を開けたiPhoneX↓

iPhoneは機種によって開け方が違ったり、

外すパーツが違ったりと、知識がないと修理は難しく、

お客様の中にも自己修理の失敗で電源がつかなくなった端末の

修理を依頼される方がいますΣ( ꒪□꒪)

失敗してしまうと逆に高くついてしまう場合がほとんどですので、

修理はプロに任せてくださいね(ㆁᴗㆁ✿)

 

果たして画面はなおったのか!?

こちらが修理後の写真です!↓

白くて目が痛くなるあの線はなくなっています!

当店の画面修理のお時間は約30分。

すぐにお返しできるので、何日も携帯と離れる必要もなく、

データもそのままの状態でお返しができます!

面倒なバックアップを取る必要もないので楽ですね(ღ˘⌣˘)

 

予約方法は!?飛び込みでも対応できます!

当店は完全予約制ではありません!

朝の10時から夜9時までいつ来ていただいても受付が可能!

最終受付時間などもないので閉店間際でも対応できます!

もちろんご予約も可能なので、

お電話やLINEでお気軽にお問い合わせください!

iPhoneXのその他の修理料金はこちら!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
住所:北海道札幌市北区北7条西5丁目5-9 ITMビル3a号室
TEL:011-299-7360
営業時間:10:00〜21:00
HP:iPhone修理札幌 スマップル札幌駅店
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
~iPhone修理対応機種~
iPhoneXS MaxiPhoneXR
iPhoneXSiPhoneX
iPhone8PlusiPhone8
iPhone7PlusiPhone7
iPhone6sPlusiPhone6s
iPhone6PlusiPhone6
iPhoneSEiPhone5s
iPhone5ciPhone5
iPhone4s、iPhone4

2019年06月09日

◆iPhoneX 料金表(作業工賃込み)
修理時間 修理金額
ガラス割れ交換 30分 19,800円
液晶交換 30分 22,800円
電源ボタン交換 30分 11,900円
ホームボタン交換 30分 要確認円
カメラ交換 30分 12,400円
ドックコネクタ交換 30分 11,000円
スピーカー交換 30分 9,000円
水没復旧 30分 3,500〜10,500円
バッテリー交換 30分 9,700円

お問い合わせ

スマップルへの修理予約&問い合わせ

 
店舗名 スマップル 札幌駅店
営業時間 10:00~21:00
TEL 011-299-7360
住所 〒060-0807
札幌市北区北7条西5丁目5-9 ITMビル3a号室

お知らせ

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

もっと見る 》

修理ブログ

修理に関する、修理内容などをブログにてご紹介。

もっと見る 》

お役立ち情報

スタッフが調べたiPhoneの豆知識や裏技をご紹介。

もっと見る 》