iPhone修理を札幌でお探しの方ならスマップル札幌駅店

札幌駅店 011-299-7360

営業時間 10:00~21:00

JR札幌駅より徒歩2分で行けるアイフォン修理店!最速15分修理!!工賃込み(地域最安値)の安心価格!!!ガラス交換からボタン系修理、水没復旧など修理のことならスマップル札幌駅店に何でもお任せください。

iPhoneのバッテリーが膨張してしまうのはナゼ?皆さんの疑問に札幌のiPhone修理店がお答えいたします!

カテゴリ:お役立ち情報

電池の膨張はガラケーの時代からありました。

何故膨張してしまうのか、ゆくゆくは爆発してしまう危険性があるのか等皆さんも疑問に思われていると思います。

また画面の浮いている方は電池の膨張が原因かもしれません(*_*)

そこで本日はバッテリーが膨張してしまう原因、そして膨張させないための予防策をご紹介していきたいと思います。

 

 

何故膨らんでしまうのか

実は仕様上膨張は避けられない部分があります。

というのもスマホに使われている電池はリチウムイオン電池というもので、化学反応によって電力を発生させています。

しかし電池が劣化してくると化学反応の際にガスを発生させるようになってしまいます。

電池は密閉されているため、そのガスの逃げ場がなく結果として膨張してしまうのです(´;ω;`)

また他の原因としては熱の問題があります。

高温状態だと電池の劣化が著しく進む為、より膨張しやすくなってしまうのです。

夏場の車内に放置していて気づいたら画面が浮いていたなんて言うのはこういった原因があるのです。

 

 

できる限り予防する方法

先述の通り、長期間の使用による劣化で膨張してしまうのは避けられません。

しかし劣化を遅らせる事により膨張を予防する事はできます(^-^)

まず一番大事なのが電池に負荷をかけない事です。

一番負荷をかけないのは使用しない事ですがそうも言ってられません。

現実的な所では、

・充電しながらの使用を避ける

・こまめにアプリを消す(バックグラウンド)

・なるべく適切な環境下で使用する

・位置情報(GPS)をアプリの使用中のみにする

といったところでしょうか。

特に充電しながらのゲームや動画視聴は熱を持ちやすいので避けた方が良いでしょう(・∀・)

 

 

時すでに遅しの時はどうしたらいいの?

膨張してしまうと画面を押し上げて画面が筐体から浮いてしまう事があります。

もしそうなってしまったら早めに交換するのが肝心です。

理由としては画面が押し上げられている状態ですとダメージを負ってしまい、点かなくなってしまったり勝手に操作されてしまう症状が現れる為です。

一度不具合が出てしまうと画面の交換も必要となってしまいますので、バッテリーの交換で済むうちに早めに交換する事をお勧め致します<m(__)m>

当店で6Sのバッテリー交換をした場合は4,400円+消費税でのご対応となります。(令和2年3月18日現在の料金です。)

 

 

ご予約ご相談はこちらから!

お電話でのご予約は→こちら

Webからのご予約は→Web予約

LINEからのご予約は↓

修理前のご不明点やご相談などもお気軽にご連絡ください!

 

 

キャッシュレス決済還元

当店でPayPay決済またはクレジットカードでの決済を行う事で

5%還元されます!

ご希望の方はスタッフにお申し付けくださいませ!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
住所:北海道札幌市北区北7条西5丁目5-9 ITMビル3a号室
TEL:011-299-7360
営業時間:10:00〜21:00
HP:iPhone修理札幌 スマップル札幌駅店
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
~iPhone修理対応機種~
iPhoneXS MaxiPhoneXR
iPhoneXSiPhoneX
iPhone8PlusiPhone8
iPhone7PlusiPhone7
iPhone6sPlusiPhone6s
iPhone6PlusiPhone6
iPhoneSEiPhone5s
iPhone5ciPhone5
iPhone4s、iPhone4

2020年03月18日

お問い合わせ

スマップルへの修理予約&問い合わせ

 
店舗名 スマップル 札幌駅店
営業時間 10:00~21:00
TEL 011-299-7360
住所 〒060-0807
札幌市北区北7条西5丁目5-9 ITMビル3a号室

お知らせ

料金変更やキャンペーン情報など最新でご報告します。

もっと見る 》

修理ブログ

修理に関する、修理内容などをブログにてご紹介。

もっと見る 》

お役立ち情報

スタッフが調べたiPhoneの豆知識や裏技をご紹介。

もっと見る 》